2006年06月03日

こんな瞳に会いたくてやっている

さばき体験魚まつり初日。海からの食育企画
「つかんで、さばいて、いただきます」
のひとこま

自分でつかまえた魚をさばきたくて、はじめての包丁を握る子どもたち。包丁はこわくない。三枚にして、フライにして…。おいしいねーと、家族みんなで食べる休日。こんなキラキラしたちいさな瞳にあいたくてやっている。我が子のように、やさしく、ていねいに、ひとりひとりに教えてくれる漁協婦人部のお母さんや、元気にボランティアをしてくれる日赤看護大、福岡教育大のみんな、市役所の若き仲間たちと。

この記事へのコメント

1. Posted by ひろこ   2006年06月04日 15:41
その「つかんで、さばいて、いただきます」
ってタイトルは誰がかんがえたの。
いいねえ。
でも、どっかで聞いたことあるようなないような。
2. Posted by まじょっ子   2006年06月04日 20:45
うんうん。いいね〜。私も「自分でやりたい!」「自分でできた!」って子どもたちのそのときの表情を見ると、「あ〜私のやってることはまちがってない!」と思う。「食育」って言葉がいっぱい流れるようになって、「何をどうすればいいの?」って難しく考えすぎてるお母さんも多い。けれど、「一緒に作ると楽しいね。一緒に食べるとおいしいね」が私の食育の原点だと思っている。最近、自分の将来のこととか考えすぎて、動けなくなってたけど、もりちの頑張りをみると、やっぱり動こう!って感じてた。ありがとね〜。魚まつり、お疲れ様でした。いつか、一緒になんかやろうよ!!
3. Posted by もりち   2006年06月05日 12:21
>ひろこちゃん
タイトルは、もりちが考えたよー。広告出身のライターだからねー。なんちゃって。このタイトルはホントにみんなに親しんでもらえてうれしかったです。でもさー、学生が体験のPRするのに、POPを作ってくれたんだけど、それには、「You!つかんじゃいなよ! You!さばいちゃいなよ! You!食べちゃいなよ! You!楽しんじゃいなよ!」って書いてあって、それもなかなかよかったよ。

>まじょっ子
プロとして今回のような体験をいつもさせているまじょっ子の気持ちが、少しわかったよな気がしました。子どもたちの表情や、家族の表情、そして子どもたちに教えてくださる漁師のお母さんたちの表情も忘れられません。またここにも地域の食卓が生まれそうな予感。アンケートの多くに、来年もやりたい。来年も来ますと書いてありました。
まじょっ子とも一緒にできたらいいね。
4. Posted by ひろこ   2006年06月09日 12:01
それもおもろい!>大学生がかんがえたほう
でもそれってさ、ジャニーズ好きじゃないと
わかんないネタじゃん!
もちろん私はわかるさ!!

★>ひろこちゃん
えっ? あっ? うっ・・・・おばちゃんはわかんない・・・・(もりち)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔