2008年05月21日

野いちごキャンプのベストショット

大丈夫かい「大丈夫かい?」
危なっかしい手つきで小刀をにぎる1年生のそばで、さりげなく目配りし、見守っている小学校6年生。
高千穂の子どもたちは、大きい子が小さい子のめんどうをちゃんとみます。

morichi2005 at 08:26│Comments(4)clip!地元に学ぶ 

この記事へのコメント

1. Posted by しもけん   2008年05月21日 23:56
見るからに危なっかしいっすねえ〜。
奇跡的に無傷で生還できましたが・・・(笑)。

こういう風景、僕らが子供の頃は日常にあふれてましたけど・・・、最近まったくと言っていいほど見かけませんね。
やっぱ自然学校体験は大正解でした!
2. Posted by もりち   2008年05月22日 13:58
そうかもしれませんね。
私も子どものころはたくさんけがをしていましたが…。
この先、何がおこっても生きていけるような子どもたちをみんなで育てたいですね。私は未婚ということもあり、経験も足りず、わからないことも多いので、またいろいろ教えてください。
3. Posted by まじょっこ   2008年05月23日 23:07
う〜〜んいいね。
こんなショット見せられると、やっぱり辞められんって思ってしまう。
私は子どもが好きですぅ〜!って類ではないらしいけれど、「子ども」が気になって仕方ない。
そして、現代の子ども達にとても危機感があるのです。「このままだと子どもはダメになってしまうんじゃないか・・」って。「どうにかせなんとじゃなかろうか」「そして、私にできることはなんだろうか」それが、今の私の原点だった。そう思って動き出したんだな・・ちょっと忘れかけてた想いが、この一枚でぶわぁ〜!!とこみ上げてきたよ!!
ありがとう  もりち感謝!
4. Posted by もりち   2008年05月24日 07:59
わたしは、まじょっこはやっぱり天職だと思うんだよね。いつか一緒に子ども達とキャンプしたり、調理したりしてまじょっこからももっともっとたくさんのことを学びたいです。
まだまだ経験がないので、いろいろ教えてください。
また声をかけるので、どうか、さわちゃんをおんぶして来てくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔