2008年05月30日

野いちご狩りの思い出

野いちご狩り写真家の藤木テツローさんから、野いちご狩りの時の写真をいただいたので、許可を得てアップします。5月も終わりなので、思い出に。
元気よくイチゴ摘みに駆けていく子どもたち、私が子どもの頃と同じ。

鉄平先生が言ってたみたいに、みんな、電気がなくても、ガスがなくても、食べ物を見つけたり、育てることができて、ご飯が炊けて、おかずがつくれて、器がつくれる、かっこいい大人になってください。

(写真は藤木テツローさん)



morichi2005 at 00:20│Comments(2)clip!森の生活 | 地元に学ぶ

この記事へのコメント

1. Posted by まじょっこ   2008年06月02日 22:59
いいね。子どもって・・
つくづくそう思う。子どもたちの「できた!」って顔、「うわぁ〜!」って顔が見たくて見たくて、私も今まで続けてきたんだな〜。そして、「出来た!」の経験が自信になって、「うわぁ〜」って感動が興味になって、次のステップに結びつく。
その経験や、感動の場所を作りたい・・
やっぱり、現場は良い・・子どもたちって良い・・
どの写真見ても、私もそこに行きたくなる。
私がそこにいないのがおかしいって、そんなこと考えてるよ(苦笑)
なんか、ごめんよ〜自分の想いばっかり語ってしまって・・この前もりちと電話で話してから仕事にチョイ向かいつつあるのでした。
2. Posted by もりち   2008年06月02日 23:05
子どもを産んだまじょっこは、復帰したら、またまたすごいまじょっこ先生になっているだろう。
いつでも待っているから、あせらずに復帰してください。
まじょっこを待っている子どもたち、日本中にたくさんいる気がする。
私も子どもほしいなーって気持ちは変わらないんだけれど、40歳になって、ちょっとあきらめかけてきました。結婚もできていないし。
これから先、どうしていこうか考えるときりがないのですけれど、
よそ様の子どもたちでも、私に希望をあたえてくれます。
自分の子はいなくても、子どもたちといるときは、大切だと思う、いろんなことを伝えていきたいな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔