2010年09月22日

連続講座『森の声を聞く〜ふるさと・共存・山の暮らし〜 』

モリチラシ森を知ろう!森に触れよう!
昨年も楽しみに参加させていただいた連続講座。森林のことはわからないしーとか、難しそうーとか言わずに、森ガールも、野ギャルも、登山女子もいらっしゃい。もちろん、ちょっと自然っていいよねーっていう男子も歓迎。
私も今年も楽しみに参加させていただきます。

チラシPDFファイル1.1MBはこちら
http://dl.dropbox.com/u/10523397/H22fukumori/renzoku2010.pdf

以下、内容と申し込み詳細は、福岡森づくりネットワークよりいただきました。

連続講座 
『森の声を聞く 〜ふるさと・共存・山の暮らし〜 』

■シリーズ1:シンポジウム
『山里の声を聞く』
日時:9月28日(火) 18:30〜20:30 

「聞き書き」などを通じて、山里の英知を残し都市と山村の
交流をはかる活動を行っている澁澤氏をお招きし、世代を
つなぎ山村や自然とともに豊かに生きることについて
考えます。
講師:澁澤 寿一氏
(NPO法人樹木環境ネットワーク理事長、共存の森
ネットワーク副理事長、山村再生支援センター副代表)
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_03.html
日本やアジア各国の環境 NGOと地域づくり、人づくりの
活動を実践中。
また、全国の高校生100人が「森の名手・名人」をたずねる
「森の聞き書き甲子園」を行うなど森林文化を伝える活動を
展開。
進行:志賀 壮史 (ふくおか森づくりネットワーク)
※ 全3回の進行を担当 
会場:西日本新聞会館 10F 1、2号会議室
福岡市中央区天神1-4-1 
アクセス:http://www3.coara.or.jp/~fkhall/ の10階      
参加費:500円  定員:100名 

-----------------------------------------------------
■シリーズ2:シンポジウム
『野生動物と共存できるか?』
日時:10月15日(金) 18:30〜20:30 

福岡では他の九州各県同様シカ等数種類の野生生物が
増えたことで村や森は大きく姿を変えようとしています。
長く動物と植物を見てきた高槻氏をお迎えし、日本の森で
起きている変化についてうかがい、人が野生動物、
自然と共存することについて考えます。
講師:高槻 成紀氏
(麻布大学獣医学部 動物応用科学科教授) 
http://azabuwildlife.web.fc2.com/staff/takatsuki/takatsuki.html
シカをはじめ草食獣と植物の関係について生態学の視点
から研究を行う。金華山島、アファンの森、町田市の里山
ほか日本各地をフィールドとする。また、アジアの野生生物
の調査も実施。
著書に『野生動物と共存できるか』(岩波ジュニア新書)など多数   
会場:福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ10階 講堂
アクセス: http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/access/index.html
http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/facilities/10f.html
参加費:500円  定員:100名

-----------------------------------------------------
■シリーズ3:シンポジウム+ワークショップ
『日本の森、九州の森の声を聞く 〜森の持つ力〜』 
日時:11月3日(水・祝) 13:00〜17:00
13:00〜  講演+パネルディスカッション
15:30〜  ワークショップ

森林は、豊かな自然環境であると同時に、林業という生産
の場であり、村の暮らし、文化、風土をつくりあげてきた場で
もあります。
作家という立場から広く日本の森を見てきた浜田久美子さん
と、熊本県の林家として12代目の栗屋克範さんをお迎えし、
山を守る意味や、そこに暮らす人たちの山への思いなど
「森の持つ力」について語っていただきます。
また引き続き、まちの暮らしの中で私たちにできることに
ついてにぎやかに語り合いましょう。

講師:浜田久美子氏(作家)
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_07.html
精神科カウンセラーを経て、木の力に触れたことから
森林をテーマにした作家に転身。森林や木と自分たちの
暮らしがつながっている実感が、人にとっては安定を、
森にとっては安泰をもたらすという視点から活動。
著書に『森のゆくえ』(コモンズ)『森の力―育む、癒す、地域
をつくる』(岩波新書) 他多数。
講師:栗屋克範氏(熊本県指導林家)
http://www.ringyou.net/katuragi/urabanashi/1006/index.html
熊本県山都町在住。林齢5年生から95年生までの約40ha
の所有林を持つ農林家。
自宅を守るように樹齢450年のケヤキの巨木がそびえ、
代を超えて山を守り続けてきた林家の12代目。
会場:福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ9階 大研修室
アクセス: http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/access/index.html
http://www.city.fukuoka.lg.jp/fujin-kaikan/guide.html
参加費:500円  定員:100名
持ち物:あればマイカップ

-----------------------------------------------------
主催 ふくおか森づくりネットワーク
後援 福岡市 西日本新聞社
※この企画は、福岡県の森林環境税を活用した
「福岡県森林づくり活動公募事業」として実施されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お申し込み方法】
氏名、参加希望講座名、所属(ある方のみ)、
連絡先(電話、FAX、Eメールのいずれか)
上記内容を下記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加申し込み・問い合わせ】
ふくおか森づくりネットワーク
TEL:080−6438−4268
FAX:092−683−0640
Eメール:fukumori-jimuあfreeml.com
(あを@にかえて送信ください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


morichi2005 at 07:02│Comments(0)clip!森の新聞 | 森ちリコメンド

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔