2010年09月13日

念願の日田市大鶴郵便局風景印。

大鶴局風景印スタンプ集で発見し、いつか押したいと思っていた日田市大鶴局の風景印は、大好きな小鹿田焼と、唐臼のある風景が描かれています。
この8年間、宗像の実家と中津江村を行き来してきましたが、高速を使わないときは、この小鹿田に寄り道したり、大鶴から小石原に出て、時間のあるときは小石原の窯をまわったりしていました。
よって、うちの食器棚に、小鹿田、小石原焼が占める割合はかなり高い…。

ということで、ご案内。来月から、兄弟窯の小鹿田、小石原。このふたつの焼きものを知る展覧会が開催されます。

郷土の美術をみる・しる・まなぶvol.2
小石原焼と小鹿田焼
いとおしいやきものたち

2010年10月9日(土)〜11月28日(日)
福岡県立美術館4階展示室

九州の民陶を代表するやきもの、福岡の小石原焼と大分の小鹿田焼。山を1つ隔てた2つの窯は姉妹関係にあり、ともに飛びかんな鉋、はけめ刷毛目などを特徴とした暮らしのための器をつくり続けています。

◆観覧料
一  般300円
高大生140円
小中生60円

*毎週土曜日の高校生以下は無料
*教員引率による児童・生徒及びその教員は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者は無料

◇楽しく知って、深く学ぶためのイベントも予定

この秋は、いろいろ楽しく学べそうな催しがいっぱい。


morichi2005 at 11:36│Comments(0)clip!風景印の旅 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔