2014年02月06日

福岡のフォーチュンクッキー!

ハトマメ
2月1日の西日本新聞「これが旬」に書きました。こちらにはオリジナル文を掲載してます。昔食べて大好きだったハトマメ。私は、地元のフォーチュンクッキーだと思ってるよー!!

あと、朝倉のハトマメ屋さんは、いろんなお菓子の試食ができるらしい。暫く行っていないのでまた、いってみたいです。

 AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」が大ヒット中だが、フォーチュンクッキーって何だかご存じ?そう、おみくじ入りのクッキーのこと。もともとは北陸地方で、お正月のお祝いに神社で配られていたものが、アメリカに持ち帰られて流行したのだという。そして、この福岡にも知る人ぞ知るフォーチュンクッキーを発見!朝倉市のハトマメ本舗製造の「金トキ豆」がそれだ。
 大豆に砂糖をコーティングした豆菓子かと思ってほおばると、何か違う…。袋を裏返して原材料を見ると、国産小麦粉、砂糖…。豆は入ってない!けれど何だろう、この香ばしさ。素朴な味に、次々に手が伸びて、あっと言うまに、とんがり帽子型の小さな紙袋一つを食べきると、中には小さなおみくじが!次々におこるサプライズが楽しいお菓子なのだ。先日は宴会の席で配り、ポリポリカリカリ食べながら盛り上がった。そして皆が口々に「あとひくねぇ」とつぶやいた。
 「金トキ豆」は、おみくじ入り袋の商品名で、中身は「ハトマメ」という。製造元であるハトマメ屋の初代が、明治18年に考案した。小麦粉を、砂糖水で練り、独自の製法で丸めながら焼き上げる。輸入物の小麦粉ではうまく丸まらず、創業以来、変わらず福岡県筑後産の小麦粉を使用しているという。当時は「人造豆」と呼んでいたが、二代目が戦争の体験から「みんながお菓子をたべられないような世の中にしてはならない」と、平和への願いを込めて「ハトマメ」と名づけた。
 明日は節分。煎り大豆と一緒にハトマメもまいて、皆で運勢を占おう。伝統行事を大事にする人の未来は、きっと悪くないよ。(森千鶴子)


 ハトマメ屋 福岡県朝倉市宮野1910-3。電話0946-52-0036営業時間9時〜19時。水曜休。おみくじつきの金トキ豆、そば粉を使ったそばこ豆は10個入り420円。それぞれ5個ずつが金太郎の紙袋に入った金トキバック480円もある。取り寄せ可。インターネット販売http://www.hatomame.jp/もある。


morichi2005 at 00:26│Comments(0)clip!森ちリコメンド 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔