2016年12月09日

ワンピースの穴を繕う

15439823_1386691378041661_5390680248656800500_n
外でべらべらしゃべる仕事が
ちょっぴり途絶え
原稿書きのシーズン。
しかしながら最初の気分の切り替えができず
はかどらなかったので、
昨晩は「暮らしの手帖」で覚えた
イギリスの刺繍的お直し手法
darning(ダーニング)をやってみました。
darningは、かがること、縫うことを意味する単語なのだそう。



日本にはカケハギという、なるだけ目立たないように傷を修復する伝統技術がありますが
イギリスではむしろ、修理したところをカラフルにして模様にする
という装飾ダーニングもあるようです。

冬物を出す時期ですが、虫さんは、おいしいのをしってるから、アクリルや化学繊維が入ったものより、羊毛100%とかカシミヤとかが大好きですよね。

真冬にざっくりかぶって温かい圧縮ウールのワンピース
実家のえもんかけにかけてたら
目立つところを虫に食われてしまって、捨てなきゃかな?
と思ってたんだけど

ダーニングでよみがえり。
不器用な私でも
むしろ不器用さを「いい味」くらいに考えて
ワンポイントにしちゃえるダーニング
この他に、最近
漂白剤のついたランチョンマットとか
お灸の灰を落としちゃったタオルケット
とかにも施してほっこり。

もうひとつ楽しいのが、この作業に使う
ダーニングマッシュルームのかわりに
うちのこけしちゃんが大活躍してくれる点

morichi2005 at 21:29│Comments(0)clip!森の生活 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔